お知らせ

ホーム > 2015年 > 2月

第25回近畿足の外科症例検討会のご報告


第25回近畿足の外科症例検討会が開催されました。

平成27年2月14日(土)に第25回近畿足の外科症例検討会が大阪の天満研修センターで開催されました。今回は当教室の安田稔人先生が当番世話人をされました。

001

 これまで本会で検討される症例数は1回に7〜9例でしたが、今回は久留米大学からも検討症例の発表があり、当科も含めて13例と多くの症例が報告・検討され、94名の御参加を頂きました。足部変形やスポーツ傷害、関節リウマチなどの診断や治療に対する検討があり、二分舟状骨の症例を西宮協立脳神経外科病院の辻中先生が、重度外反母趾の症例を洛西シミズ病院の村上先生が、脛骨天蓋骨折後骨欠損の症例を当教室の小松先生がそれぞれ発表し、熱い議論が交わされました。

002003.

004

 検討会終了後は、杏林大学 林 光俊 先生から「スポーツによるアキレス腱断裂とリハビリテーション−保存療法を主として−」を講演していただきました。本会の終了後、林先生をお招きして木下光雄名誉教授をはじめ足の外科班のメンバーで食事会を行いました。林先生は全日本男子バレーボールのチームドクターを26年間されていて、オリンピックに6度も挑戦されたとのことで、楽しいお話をいろいろ聞かせていただきました。

005
次回、第26回近畿足の外科症例検討会は8月1日に神戸大学の神崎至幸先生が当番世話人で、天満研修センターで開催されます。当教室の安田先生が講演される予定です。皆様のご参加をお待ちしております。
(文責 嶋 洋明)

大阪医科大学整形外科学教室最優秀論文賞 表彰

平成27年1月10日(土)に「大阪医科大学整形外科学教室同門会総会」がホテルグランヴィア大阪20階「鳳凰の間」で行われました。

大阪医科大学整形外科学教室最優秀論文賞受賞者は

臨床部門:大槻 周平 先生
Correlation between varus knee malalignment and patellofemoral osteoarthritis.
Otsuki S, Nakajima M, Okamoto Y, Oda S, Hoshiyama Y, Iida G, Neo M.
Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014 Oct 2. [Epub ahead of print]大槻Dr.

基礎部門:藤澤 幸隆 先生
Three-dimensional analysis of acromial morphologic characteristics in patients with and without rotator cuff tears using a reconstructed computed tomography model.
Fujisawa Y, Mihata T, Murase T, Sugamoto K, Neo M.
Am J Sports Med. 2014 Nov;42(11):2621-6
藤沢Dr.

に決定致しました。
大阪医科大学整形外科学教室教授根尾昌志先生より、
大槻周平先生と藤澤幸隆先生へ表彰状と副賞が授与されました。

フィリピン・セブ島での学会発表

2014年11月に、フィリピンのセブ島で開催されたACASA(Academic Congress of the Asian Shoulder Association)で野球選手の投球障害に関してポスター発表させていただきました。
IMG_2334

 発表とその準備をすること自体でとても勉強になったことは言うまでもありませんが、海外の学会に参加し様々な国の医師のプレゼンテーションを見聞きすることができてとても刺激になりました。英語が母国語ではない方々がとても上手に英語で発表し、質疑応答しているのを見ると私もそうなりたいと強く感じました。

 海外での学会であるため、日本から参加しておられた他大学の医師達とはとても親近感が沸き、食事会などで今まで聞いたことのないような話を聞くことができて非常に新鮮で刺激的でした。それも海外での学会ならではのことかなと思いました。

 また、リゾート地でしたので自由時間にはマリンスポーツをしたり孤島でバーベキューをしたりショッピングをしたりと、海外旅行気分も味わわせていただきとてもリフレッシュできました。
IMG_2292-3

今後も海外で発表するために医学と英語の勉強をしていこうと思いました。

 望めばいくらでもそうゆう機会を与えてもらえるので、整形外科に興味があって、海外発表もしてみたいという方は、大阪医科大学の整形外科に是非入局していただきたいと思います。

大阪医科大学 整形外科
中村 玄

第25回近畿足の外科症例検討会のお知らせ

<第25回近畿足の外科症例検討会>

第25回近畿足の外科症例検討会を開催いたします。ふるって御参加下さい。

日時:平成27年2月14日(土) 15:00~
会場:天満研修センター9F イベントホール
(大阪環状線天満駅北東 徒歩2分)
大阪市北区錦町2-21
TEL:06-6354-1927
第25回近畿足の外科症例検討会案内文(ホームページ版)

参加費 1,000円
情報交換会 18:30~

《プログラム》
■症例検討 15:00~
■特別講演 17:30~
演者:杏林大学 整形外科 講師
 全日本男子バレーボールチームドクター 林 光俊  先生
演題:「スポーツによるアキレス腱断裂とリハビリテーション」
 -保存療法を主として-

《教育研修単位》
※日整会専門医資格継続1単位(1単位1,000円)
【N-12 】膝・足関節・足疾患、【N-13】 リハビリテーション(理学療法・義肢装具を含む)
または【  S  】日整会スポーツ医資格継続単位

平成27年1月より研修会単位受付が完全デジタル化されます。
日本整形外科学会 IC会員カードをお忘れなくご持参いただきますようご協力の程、お願い申し上げます。

当番世話人 安田 稔人
大阪医科大学 整形外科学教室
〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7
E-mail:ort028@poh.osaka-med.ac.jp
共催:近畿足の外科症例検討会
久光製薬株式会社

平成27年度 第1回整形外科医局説明会を開催しました

1月30日に、高槻のナポリピッツアのお店「VIVO」で第1回整形外科医局説明会を開催しました。
今回は研修医1年目の在田先生、徳嶋先生、山崎先生の3人と本学5回生の3人が参加してくれました。
1422713049305
山崎先生は2月から2カ月間、整形外科で研修していただきます。頑張ってください。

また2月1日から北摂総合病院に勤務するレジデントの中村先生と、同じく2月から65病棟に移動する病棟事務の林さんの送別会もあわせて行いましたので、62病棟の看護師さんも含めて、40名以上の方に参加していただきました。
中村先生には医局長の安田先生から、
1422713047899

林さんには病棟薬剤師の香川さんから
1422922672876
それぞれ花束を贈呈していただき、1次会は盛会の中で終了しました。

2次会はカラオケ店に移動し、踊り歌って普段のストレスを発散していました。
中村先生、林さん、新天地でのご活躍をお祈りしています。
IMG_0703

第2回の医局説明会は3月6日(金)を予定しております。
時間、場所が決まり次第、当ページにてご報告致します。

   文責:嶋 洋明