お知らせ

ホーム > 2016年 > 3月

第71回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム

第71回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム

〇日時 : 平成28年3月26日(土)15:00〜18:00 (幹事会は14:30から)
〇場所 : 中之島ダイビル32階 TEL 06-7636-3400
      ※大阪市営地下鉄四ツ橋線 肥後橋駅(3番出口)、京阪電鉄中之島線渡辺橋駅 直結

会 費 : \1,000-

〈 演 題 〉             【前半司会】 納田真也 先生(加納総合病院)

1.「テリボンの最近の知見について」       
   旭化成ファーマ株式会社  ○中村 洋

2.「数度の手術を要した脊柱変形の一症例」
   医療法人社団 林整形外科医院 ○林 孝乾

3.「大量膝水腫を繰り返した症例」
   高槻赤十字病院 ○小田幸作、市場厚志、幕谷薫、徳山文人、速水英之

4.「当科における足関節・後足部の鏡視下手術の紹介」
   南大阪病院 ○森川潤一、大坂芳明、北原義大、大保拓也

5. 「脛骨外側高原骨折と前十字靭帯損傷を合併した1例」
   加納総合病院  ○小田周平、納田真也、糟谷彰宏

6.「大腿骨転子部骨折における術後X線像上のパラメーターと術後歩行能力」
   永山病院 ○岡吉倫弘、成山雅昭、村越 太

7.「経皮的椎弓根スクリューによる最小侵襲脊椎安定術の小経験」
   市立ひらかた病院  〇飛田高志、小坂理也、矢野冬馬

—————————————休憩———————————————-

                    【後半司会】 糟谷彰宏 先生(加納総合病院)

8.「鎖骨近位端用ロッキングプレートで骨接合を行った鎖骨近位端骨折の4例」
    西宮協立脳神経外科病院 
   ○足立周、瀧川直秀、安井憲司、江城久子、深井敦大、小松太一、木下光雄

9.「Dupuytren 拘縮に対するザイヤフレックス注の使用経験」
   畷生会脳神経外科病院 ○小田明彦、永山宗一郎、辻中聖也、金基中

10.「デュプイトラン拘縮に対する酵素注射療法の実際」 
   北摂総合病院 ○植田直樹、小林一朗、劉長萬、福井浩一、万波誠、中村玄

11.「非定型大腿骨骨折における大腿骨外弯と両側発生の関係」
   北摂総合病院 ○中村玄、小林一朗、劉長萬、植田直樹、福井浩一、万波誠

12.「当院におけるOLIFの短期成績」
   葛城病院 
   ○松本和寛、大植睦、中島幹雄、森本法男、裏岡富次、常德剛、北野直、岩間仁司 
    大阪医科大学 中矢良治

13.「側方進入腰椎椎体間固定術の治療経験」
   美杉会佐藤病院 ○黒川義隆、白井久也、久保田潤  済生会茨木病院 富田誠司

14.「大腿骨頚部骨折術後に思わぬ経過をたどった一例」
   南大阪病院 ○大保拓也、大坂芳明、森川潤一、北原義大

17:30 ミニレクチャー  【司会】 納田真也 先生(加納総合病院)
演題:「テリパラチド週1回製剤による治療―新鮮椎体骨折に対して―」 
演者:吉良整形外科 院長 吉良 貞政先生

※演題順は当日変更する場合がございます。
動画使用、MACユーザーの先生はPC持参ください。
 D-sub 15pin対応のコネクターもご持参ください。
*会終了後、情報交換の場をご用意しております。

【 共 催 】  大阪医科大学整形外科関連病院談話会/旭化成ファ-マ(株)

詳細は下記データからもご確認頂けます。
↓↓↓
第71回演題 プログラム

第10回Osaka hip meeting under 50研究会の当番世話人を終えました。

謹啓

 春寒のみぎり、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、平成28年3月12日にホテル新大阪コンファレンスセンターにて開催させていただきました第10回Osaka hip meeting under 50研究会に際しましては、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
予想を上回る36名の皆様にご参加をいただき、無事盛会裡に終了することができました。これもひとえに、同門の先生方の陰ながらの多大なるご支援の賜物と衷心より感謝申し上げる次第でございます。
本来ならば、拝眉のうえ御礼のご挨拶を申し上げるべきところではございますが、まずは略儀ながらこの場をもちまして、終了のご報告と御礼とさせていただきます。今後ともご指導御鞭撻のほど賜りますようお願い申し上げます。
 時節柄、ご自愛選一のほどをお祈り申し上げます。

謹白

文責:第10回Osaka hip meeting under 50研究会 当番世話人
助教 岡本 純典