お知らせ

ホーム > 2016年 > 6月

平成28年度 第5回整形外科医局説明会を開催しました。

6月17日に第5回整形外科医局説明会を高槻の焼肉「がんてつ」で開催しました。
この日参加していただいたのは研修医2年目の天野先生、大塚先生、下原先生(住友病院)、鈴木先生、中村先生、野口先生(多根病院)と、1年目は堀先生と現在北摂総合病院を研修中の高先生と平田先生の計9人でした。また金沢医科大学6回生の谷君と本学5回生の牧浦君も説明会に参加してくれました。
 この日は学生の時から当教室の説明会に参加してくれている野口先生が、朝から手術見学に来てくれました。新しい手術棟を見て、さらに興味を持ってもらえたと思います。
また下原先生も住友病院から“がんてつ”に駆けつけていただき、ありがとうございました。今回は洛西シミズ病院をローテート中の小松先生にも応援に駆けつけていただきました。研修医の先生と色々なお話ができて有意義な時間をみなさんに過ごしてもらえたことと思います。
①

二次会はJKに移動し、楽しいひと時を過ごしました。ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。

次回は7月5日火曜日に医局説明会を開催します。研修医の先生のご参加をお待ちしております。

文責:嶋 洋明

豚皮縫合実習および第4回整形外科医局説明会を行いました

毎年恒例の研修医、学生むけ縫合実習が平成28年6月13日に行われました。
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社のご協力で、12キットの豚皮縫合を用意していただき、17時半から第6会議室で開催されました。

外科に興味のある院内や院外の研修医、クリクラで研修中の学生、あわせて15人ほどに参加していただきました。はじめに真皮縫合の基本手技ビデオを供覧し、整形外科スタッフがマンツーマンで縫合指導を行いました。真皮縫合が習得できた実習生は、ダーマボンドを用いた皮膚固定にも挑戦していました。参加した研修医、学生は、明日から実践で縫合できるぐらいの技術を習得し、充実した1時間を過ごされました。⑤
その後、19時から高槻市内のえい参で、参加していただいた研修医を中心に入局説明会がとり行われ、上手い酒、料理を楽しみながら、縫合実習の成果を語り合いました。

④

第33回北摂手外科談話会 プログラム

【第33回 北摂手外科談話会】
プログラム

第33回北摂手外科談話会 当番世話人
大阪府済生会茨木病院 整形外科 阿部 宗樹

謹啓 時下、先生方にはご診療、ご研究に益々ご活躍のことと存じます。
この度、手外科領域に対する診断・治療・研究の向上を目的として「第33回北摂手外科談話会」を開催する運びとなりました。
 ご多用中とは存じますが、ぜひご参加賜りますようご案内申し上げます。

謹白

○日  時:2016年6月18日(土) 16:30 ~ 18:30
○場  所:梅田スカイビル タワーウエスト22階 「E会議室」
 大阪市北区大淀中1-1-88  TEL 06-6440-3901(ビル管理オフィス)

世話人会:梅田スカイビル タワーウエスト22階 【F会議室】 16:0016:30

 

<プログラム>

※ 演者の先生へ:1演題につき、発表時間 6分、討論 4分(合計 10分)を厳守願います。
※ MAC及び動画のある先生はPCをご持参ください。(MACのコネクターも必要です)

【情報提供】 
『プラリア皮下注60mgシリンジ最新の話題』    第一三共株式会社

【一般演題】
No.1 「 ゴルフにより前腕コンパートメント症候群を発生した一例 」
   城山病院 整形外科 ○中村玄、熊野穂積、坪井競三、木下明彦、奥野修大、米井数基
   城山病院 上肢機能再建研究所 所長/顧問 阿部宗昭

No.2 「 環指PIP関節に生じた外傷性異所性骨化の1例 」
   佐藤病院 整形外科 ○黒川義隆、白井久也

No.3 「 橈骨遠位端骨折に対して、掌側ロッキングプレート固定術後に発生した
                                                                             長母指伸筋腱皮下断裂の
1例 」
   済生会茨木病院 整形外科 ○杉本裕宣、富田誠司、阿部宗樹、水谷正洋

No.4 「 腱性mallet fingerに対する装具療法コイル式装具で伸展不全が残存しStack splintで改善した症例 」

   もり整形外科・リウマチ科クリニック ○西出義明、森 拓美
   第一東和会病院 リハビリテーション科 竹田 敦
   城山病院 上肢機能再建研究所 所長/顧問 阿部宗昭

No.5 「 骨粗鬆症による橈骨遠位端骨折の治療の工夫 」
   畷生会脳神経外科病院 整形外科 ○小田明彦、矢倉幹啓、和田浩伺、金 基中

・・・・・・・・・・・・・< コーヒーブレイク >・・・・・・・・・・・・・

No.6 「 マムシ咬傷例に対するハンドセラピィの小経験 」
   兵庫医療大学 リハビリテーション学部 ○櫛邉 勇、河合 光、高野大輔

No.7  「 デュプイトラン拘縮に対する酵素注射療法の実際 第2報 」
   北摂総合病院 整形外科 手外科センター ○植田直樹

No.8  「 上腕骨外顆骨折後偽関節に対し人工肘関節置換術を行った1例 」
   大阪医科大学 整形外科 ○廣藤真司、横田淳司、大野克記、藤野圭太郎

レクチャー 
      たかがばね指、されどばね指 
       春秋会城山病院 上肢機能再建研究所 所長/顧問 阿部 宗昭 先生

当日は、ご参加頂いた確認のため、ご施設名・ご芳名の記帳をお願い申し上げます。
記帳いただいたご施設名・ご芳名は医薬品及び医学・薬学に関する情報提供に利用させていただくことがございます。何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※当日、参加費として医師:1,000円、 その他の方:500円 を申し受けます。
※会終了後 情報交換会を予定しております。
この案内は同門会ホームページにも掲載しております。

詳細は下記データよりご覧頂けます。
↓↓↓
第33回北摂手外科談話会プログラム

 

共催:北摂手外科談話会
    第一三共株式会社

平成28年度 第3回整形外科医局説明会を開催しました。

5月27日に第3回整形外科医局説明会を高槻の焼肉鍋「一心」で開催しました。
この日参加していただいたのは研修医2年目の天野先生、岩井先生、大塚先生、大西先生、片岡先生、下原先生、鈴木先生、西原先生、沼先生、野口先生、湊先生、吉川先生の12人の先生と、1年目で現在整形外科研修中の大野先生のなんと計13人でした。
第3回医局説明会

こんなにも多くの研修医の先生に興味を持っていただいているのは、非常にうれしい限りです。さらに吉川先生からはほぼ入局を決めていただいていると聞きましたので、とてもとても楽しみにしております。また私事ですが、一心鍋は研修医以来10数年ぶりで、懐かしい味を堪能しました。

この会は4月5月の2ヵ月間、整形外科で研修された片岡先生と大野先生の慰労会を兼ねており、お二人とも今後また整形外科でお会いする時を楽しみにしております。お疲れ様でした。

二次会は一心鍋隣のJKに移動し、馬場先生、三幡先生にも参加していただき、いろいろなお話ができたと思います。ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。

次回は6月13日月曜日に毎年恒例の豚皮縫合実習を、17日金曜日に医局説明会を開催予定にしております。研修医の先生のご参加をお待ちしております。

文責:嶋 洋明