お知らせ

ホーム > 2017年 > 11月

タイからPrakasit Chanasit 先生(ニックネームはMei)をclinical fellowとして迎えました

平成29年9月9日 ~ 平成29年10月31日まで、タイからPrakasit Chanasit 先生(ニックネームはMei)をclinical fellowとして迎えました。

Mei先生はタイの整形外科医で、肩、膝、スポーツを専門にとする35歳の先生です。英語が堪能な上に、今回の来日前に日本語を勉強してきたそうで、何とカタカナが読めちゃうスーパータイ人でした。今回は当科の三幡先生が考案した上方関節包再建術の手術手技や、リハビリなどを勉強するため、2か月弱の滞在でした。友好的な性格で肩の手術のコツのみならず日本語(生中、おかわり、もう一杯など)もどんどん吸収して最後は日本語でプレゼンテーションまでしてくれました。

Mei先生の今後の活躍とともに、これからも交流が続くことを期待しています。
                                                                                          (文責:長谷川 彰彦)

日本肩関節学会で(一番右がMei先生)

日本語でプレゼンテーションをしたMei先生

 

My 2-month experience in Department of Orthopedic Surgery, Osaka Medical College.

                         Prakasit Chanasit MD FRCOST
                       Charoenkrung Pracharak Hospital
                              Bangkok, Thailand

 

  I am Prakasit Chanasit MD. I am from Thailand. Before I came to Osaka Medical College(OMC), I worked at the municipal hospital in Bangkok named “CHAREONKRUNG PRACHARAK” hospital. I am specialized at shoulder and knee surgery with 6 years’ experience in this field.

  Several years ago, I heard about “Superior capsular reconstruction”(SCR), the novel treatment for massive irreparable rotator cuff tendon tear. It was originated by Teruhisa Mihata MD PhD. It was very interesting concept and procedure for me. I have learned a lot from his publications. But, from the worldwide level, the result of this operation is not so good especially when do not perform by Dr. Mihata. I thought that there must be some details those influenced his good result.
So, I needed to know about that. First, I tried to find Dr. Mihata’s email from the internet. Fortunately, I could find it from the PubMed. I sent my proposal to him last year. And He accepted my proposal to observe his works for 2 months at OMC.

Figure 1 : SCR illustration

  OMC is located in small city called TAKATSUKI. I never knew this name before. I really nervous about that. But, Dr. Mihata cordially appointed Akihiko Hasegawa MD PhD to take care of me. Dr. Hasegawa is very helpful and generous. He prepared the documentations, booked the hotel, and did everything that I might need to stay in Takatsuki. I would like to express my gratitude to him to made this good time for me.

Figure 2 : In front of OMC hospital

  First day in OMC, Dr. Hasegawa took me to the department office. I met Dr. Mihata there. Dr. Hasegawa also introduced me to Prof. Neo and another department staff like Dr. Shima, Foot and ankle specialist, Dr. Nakano, Spine surgeon, etc. It was a warm welcome.

Figure 3 : OMC shoulder group & me

After that, Dr. Mihata introduced the research protocol for me to do in 2 months’ period. It was about the MRI evaluation of supraspinatus muscle after the SCR operation. Clinically, after SCR, the muscle power and range of motion is improved compare to preoperative. But, we still have no other evidence at this time. So, this is the main purpose for this study.

  The clinical experience with Dr. Mihata is include the out-patient clinic, observe the operation, rehabilitation. I also had a good chance to scrub in and assist in the operation under Dr. Mihata supervision. It was my best experience, here. As mentioned earlier, my main purpose is to learn the SCR. Dr. Mihata showed me the presentation of concept and overview of SCR. So, I can understand more. Dr. Hasegawa also taught me how to harvest the Fascia Lata graft to use for the SCR. Different from the operation from another hospital, Dr. Mihata always use the Fascia Lata graft to reconstruction the superior capsule because of the good biomechanical property of the Fascia Lata.

Figure 4 : Assisting Dr. Mihata’s operation

  After 2-week observation, I was allowed to assist the operation. I experienced to assist Dr.Mihata to do the shoulder arthroscopy including rotator cuff repair, anterior capsulolabral reconstruction and superior capsular reconstruction. I also harvested the Fascia Lata graft by myself under his supervision.

  In the out-patient clinic, I observed Dr. Mihata follow up his patients. I was surprised every time that I saw the SCR patients can elevate their arm very well without any pain. That’s mean the operation has good outcome.

Figure 5 : Out-patient clinic

  I also observed the surgery and the experiment of knee group in the hospital. Japanese surgeons always had the innovation for treatment. I saw the total knee arthroplasty using the implant that was made in Japan. And Dr. Otsuki’s experimental study about meniscal scaffold in rabbit model. Such innovative!!

Figure 6 : Knee group surgery

  Finally, I would like to express my gratitude to everyone contributing in creating the most joyful moment in my life. Friendships and happiness here will be forever-unforgettable memories. I really hope that one day in the future we will have a chance to meet again.

Figure 7 : OMC Orthopaedics team & me

 

Mei先生の『My 2-month experience in Department of Orthopedic Sergery, Osaka Medical College.』は下記にて詳しくご覧いただけます。
↓↓↓
Mei’s OMC in short review_(PDFデータ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5回骨折治療研修セミナーを開催しました

 平成29年10月28日(土)に第5回骨折治療研修セミナーが御堂筋グランタワーの会場で行われました。このセミナーは大阪医科大学整形外科教室とDePuySynthesの共催で、若手医師の技術向上を目的としていますが、整形外科に興味のある研修医や学生も参加することができます。
 今回は講師に北摂総合病院整形外科部長の劉長勱先生をお招きして「骨折治療の基礎」と「足関節果部骨折の診断から治療」についてご講演いただきました。前半は骨折治癒の原理、骨接合術の基本原則について解説していただきました。後半の足関節果部骨折の講演では、足関節の機能解剖から画像診断のポイントを述べられ、重要だが難解な印象のあるLauge-Hansen分類について解りやすく解説していただきました。治療に関して最新のanatomical locking plate(DePuySynthes 社LCP distal fibula plate)を使った外果骨折(SER)に対する後外側プレート(antiglide plate)の実際を紹介していただき、低侵襲手術(MIPO)への応用と治療成績について、有意義な情報を聴かせていただきました。


 その後足関節果部骨折のボーンモデルを使って、LCP plateによる骨接合術の実習を行いました。参加した医学生や研修医は、初めて手にする整形外科器械にはじめは四苦八苦していましたが、無事に整復固定を完遂させ喜んでいました。レジデントやローテーターの先生も、腓骨における解剖学的整復の重要性について理解が得られたと喜んでいました。


 セミナーの後は懇親会が開かれ、骨折治療や整形外科入局勧誘の熱いトークで盛り上がりました。また、二次会は近くのイタリアンレストランに場所を移し、劉先生にも最後まで参加していただきました。


 次回は橈骨遠位端骨折に対するプレート固定のセミナーを企画しています。沢山の先生や学生に参加していただき、若手整形外科医の技術向上だけでなく、研修医や医学生に整形外科の面白さを伝える場になればと思います。

ご多忙の中参加し協力していただいた先生方に厚く御礼申し上げます。
                                                                                                   中野敦之

第1回新リバーサイドカンファレンスを開催しました

 昨年まで10年間継続されておりました大阪医科大学・関西医科大学との合同カンファレンスが『新リバーサイドカンファレンス』へと呼び名が改められ、その第1回のカンファレンスが平成29年11月4日(土)大阪医科大学研究棟12階第2会議室で開催されました。

 本会は関西医科大学の前教授である飯田寛和先生の呼びかけで、淀川をはさんだ近隣の大学同士が関節外科医を中心に自由活発な意見交換を行う会として発足した会です。根尾教授が就任されてからは関節外科、脊椎外科中心の症例検討会として年2回開催されていましたが、関西医大の教授が飯田寛和先生から齋藤貴徳先生にバトンタッチされたのを機に新しい形で再スタートすることになりました。齋藤教授からは関西医大は、脊椎と関節に特化しているので、その他の疾患についても相談できる場にしたいとのご意向がありました。そこで当科では各グループのトップを全員世話人とし、全範囲を取り扱うことが出来る体制をとりました。記念すべき第1回は齋藤新教授を歓迎するということで、大阪医大がホストとなり、エーザイ株式会社との共催で開催することになりました。

 集まった症例7題はどれも興味深い症例や研究であり、議論も活発でこれまでにない盛り上がりを見せました。第二部では齋藤新教授がご自身の自己紹介もかねて「梨状筋症候群の診断と治療」のお話をされました。診断が大切なのは言うまでもありませんが、有名なFreiberg test やPace testよりも、腹臥位内旋テストの感度が高いことを紹介され、診察手技と手術術式について動画を交えて解りやすく講演されました。ただ要である電気診断がかなり専門的な技術を必要とするため、疑ったら電気診断をふくめて関西医大に相談するのが良いとの結論に至りました。

 情報交換会は高槻市内のレストランGODAIに移動して行われました。学年や専門領域を超えて酒を飲みかわし、さらなる親睦を深めることが出来ました。安田先生の挨拶では、齋藤教授発案で12月に開催予定の4私大対抗大運動会に話題が広がり、文武両道の連携を約束してお開きとなりました。

 ご参加いただき活発な議論を行っていただいた先生方に感謝いたします。
                                                   中野敦之 

               

演題
1. 「THA術後に症状が増悪し手術を必要とした高度脊柱変形の1例」 
    大阪医科大学整形外科 三宅克広 先生
2. 「捻挫として見逃されていたAITFL単独損傷の一例」
    関西医科大学総合医療センター整形外科 鈴木沙弥 先生
3. 「OWHTOの遷延癒合例について」
    関西医科大学附属病院整形外科 村田 実 先生
4. 「HTOで使用する人工骨の強度について - 浸水が及ぼす影響 -」 
    大阪医科大学整形外科 大槻周平 先生
5. 「上位頚椎に高度変形を伴った関節リウマチの1例」
    関西医科大学総合医療センター整形外科 山下真史 先生
6. 「胸椎転移性骨腫瘍術後硬膜外血腫の一例」
    大阪医科大学整形外科 馬場一郎 先生
7. 「頚椎後方手術後に後弯変形の進行と脊髄症状の悪化を来した1例」
    関西医科大学附属病院整形外科 谷 陽一 先生