お知らせ

ホーム > 2020年 > 1月

創外固定器セミナーのお知らせ

詳細は下記からもご覧頂けます
     ↓ ↓ ↓

創外固定器セミナーご案内(PDFデータ)

第10回大阪医科大学整形外科開業医会開催のご案内

詳細は下記よりダウンロードして頂けます
       ↓ ↓ ↓  

第10回大阪医科大学整形外科開業医会ご案内(PDFデータ)

2019年度忘年会を振り返って

 今回、大阪医科大学整形外科医局忘年会を2019年12月6日に大阪のホテルマイステイズ堂島で開催させて頂きました。
 今年の忘年会は医局の先生方はもちろんのこと、外来及び病棟・手術室の看護師やコメディカルの方々、今年ローテートしてくれた研修医の先生、来年度入局予定の先生方など100名を超える方に参加して頂き、改めて様々な形で我々整形外科を支えて下さっているのを痛感致しました。
 まずはじめに根尾教授から開式の辞を述べていただき、乾杯の挨拶は安田准教授に行って頂きました。


 忘年会では毎年恒例の先生方に対するイメージアンケートを行い、質問内容は手術に関する真面目なことから私生活に関する少しくだけたものまで様々なものを回答してもらいました。やはり白衣の一番似合う先生は根尾教授が圧倒的1位で、教授の偉大さと普段からのオーラを再認識させて頂きました。
 次に豪華景品をかけたクイズ大会を行いました。2019年を振り返る時事問題と整形外科に関する問題を半々でご用意しました。私的な問題も作らせていただき、我ながら中々に難問揃いとしたつもりでしたが、皆さん流行に敏感で、且つ整形外科のことを愛してくださっているのか高すぎる正答率を叩き出してくれる人が多数いて驚かされると同時に嬉しさも感じることが出来ました。
 このように楽しいイベントもありましたが、中野先生や藤原先生から今年の振り返りとこれからの叱咤激励を頂き、レジデント一同は再度身の引き締まる思いにさせてもらいました。
 締めの挨拶では医局長兼ラガーマンの嶋先生が2019年最も話題となったラグビーの話題を絡めながら今年一年を総括して頂きました。我々全員がまさにワンチームとなり、2020年からも進んでいこうと同じ方向を向くことが出来たと思います。
 このように楽しい時間を過ごしながら、たくさんの有難いお話を頂き、あっという間に一次会は終了しました。


  二次会は、例年とは趣向を変えてマジックバーで行わせて頂きました。一次会から二次会の場所が少し遠かったにも関わらず、60人程の方々が参加してくださいました。
 マジシャンの方々が行うマジックは目の前での出来事であるのに起きた出来事が理解できない程クオリティーの高いものばかりで、皆さん各テーブルで楽しんでいただけたかと思います。


 今年の忘年会も無事に終了することが出来ました。今後の大阪医科大学整形外科教室のますますの発展を祈ってこの報告を締めくくりたいと思います。今回の忘年会を開催するにあたって様々な方々にご協力頂きました。この場を借りて感謝申し上げます。

大阪医科大学整形外科レジデント 一同

第79回大阪医科大学整形外科関連病院談話会ご案内

 

●第79回大阪医科大学整形外科関連病院談話会の詳細は下記からもご覧いただけます。
         ↓↓↓

【演題募集のご案内】第79回大阪医科大学整形外科関連病院談話会(PDFデータ)

【演題募集のご案内】第79回大阪医科大学整形外科関連病院談話会(WORDデータ)

 

 

 

 

 

 

 

第65回近畿小児整形外科懇話会・第10回近畿小児整形外科研修会開催のご案内

                     平成2年卒  藤原憲太

 大阪医大整形外科同門の先生方におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、この度下記の通り第65回近畿小児整形外科懇話会・第10回近畿小児整形外科研修会を大阪梅田にて開催する運びとなりました。私が専門を小児整形外科に変更して右も左もわからなかった頃に、この近畿小児整形外科懇話会から多くのことを学ばせていただきました。
 懇話会のランチョンセミナーは、グラーフ法セミナーでも講師を務める私の盟友、沖縄の金城健先生に小児脳性麻痺に対する痙縮治療の新戦略であるITB療法をご講演いただきます。多職種のチームで行う治療には皆様方の臨床で役に立つヒントがたくさんあると存じます。
 また今回はご参加いただきやすい午後2時から研修会を併催しており、3つの教育研修講演を小児整形外科領域のトップランナーの先生にお願いいたしております。ランチョンからご出席いただければ日整会教育研修講演の[2][3][7][8]を取得可能です。
 皆様のご参加をお待ちしております。

担当世話人:大阪医科大学 藤原憲太

    日   時 :令和2年 1月25日 (土) 10:30~17:30 
    会   場 :リファレンス 大阪駅前第4ビル貸会議室
           〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目11-4 大阪駅前第4ビル23F
           電話06-6136-6186

第65回 近畿小児整形外科懇話会

      一般演題      10:30-12:15(予定)
      ランチョンセミナー 12:30-13:30    日整会教育研修会単位[8]
   『 小児脳性麻痺に対する痙縮治療戦略 ー重度心身障害児に対するITB療法の役割ー』
            沖縄県立南部医療センター・こども医療センター  金城 健先生

             共催 近畿小児整形外科懇話会 / 第一三共株式会社

第10回 近畿小児整形外科研修会

教育研修講演1(14:00~15:00)          日整会教育研修会単位[3]
   『小児整形外科を育てた人達のメッセージから近畿kidsのこれからを考える 』
                      旭川荘療育・医療センター 青木 清先生

教育研修講演2 (15:10~16:10)           日整会教育研修会単位[2]
   『小児四肢骨折治療の要点 ~対応を迫られる一般整形外科の先生方へ~ 』
                      大阪市立大学 整形外科 中川 敬介先生
     

教育研修講演3(16:30~17:30)            日整会教育研修会単位[7]
   『早期発症側彎症治療 ー四半世紀における進歩と課題、今後の展望ー 』
                   国立病院機構 神戸医療センター 宇野 耕吉先生