お知らせ

ホーム > お知らせ

第78回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム

●第78回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラムの詳細は下記からもご覧いただけます。
         ↓↓↓

第78回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム(PDFデータ)

第78回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム(WORDデータ)

 

 

 

 

 

 

第7回骨折治療セミナーを開催しました

 10月5日(土)に本町のデピューシンセス社に於いて、第7回骨折治療セミナーを開催しました。
 今年は京都きづ川病院整形外科の堀江直行先生に「大腿骨頚部骨折に対する治療」について、ガイドラインの解説からその診断や分類、治療に至るまでご講演いただきました。セミナーに参加いただいた先生は専門医取得前の若い先生が多く、現在あるいは今後、本骨折の治療に最前線で取り組むにあたり、大変勉強になったと思います。堀江先生、どうもありがとうございました。
 前回のセミナーから引き続き、今回も症例検討会を行いました。今回は城山病院の天野先生から金属アレルギーのある大腿骨頚部骨折症例を、加納総合病院の松山先生から大腿骨頚部骨折に対する骨接合術の手術成績を、市立ひらかた病院の飛田先生から大腿骨頚部骨折術後の骨頭壊死と大腿骨転子部骨折後の cut out症例を、洛西シミズ病院の廣藤先生から大腿骨転子部逆斜骨折の症例をそれぞれご提示いただきました。今回は多くの症例をご提示いただき、みなさんと熱い議論が出来たと思います。ぜひ次回も関連病院の先生方から症例をご提示頂きますようよろしくお願い致します。
 続いてデピューシンセス社さんのご協力で、大腿骨頚部骨折に対するFemoral Neck Systemのハンズオンセミナーを、模擬骨を用いて行いました。研修医やレジデントの先生にドリリングやスクリュー挿入などを実際にしていただきました。7回目となる本セミナーですが、今回もこの演習は研修医やレジデントの先生に好評でした。今後も続けていきますので、関連病院の先生にはこれからも多数のご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。

左から二人目が堀江先生

 その後、懇親会を同会場で行いました。今年すでにこの時点で13名もの入局者が決まっておりますが、研修医2年目で入局予定の安達先生と中嶋先生は参加してくれました。また、研修医1年目の垣内先生、田中先生、6回生の大植君、5回生の乾君、南谷君が参加してくれました。
 骨折治療セミナーにご参加、ご協力いただきました先生方にお礼申し上げます。最後になりましたが、毎年、この骨折治療セミナーはデピューシンセス社さんのご協力で開催することができております。この場をお借りしてお礼申し上げます。今後ともよろしくお願い致します。
                                                                                                   

文責:嶋 洋明

 

『国際学会発表』ページを更新しました

『国際学会発表』のページをご覧ください。

第40回北摂手外科談話会 一般演題・講演募集のご案内

頚椎人工椎間板置換術について

 これまで本邦では、頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアなどの頚椎変性疾患に伴う神経障害に対して、前方除圧固定術や後方からの除圧術が行われてきました。前方除圧固定術は椎間板ヘルニアや骨棘(骨のとげ)等、神経を圧迫する病変が主に前方部分に存在する場合に良い適応となります。椎間板および神経の圧迫を取り除き、障害部位の動きを止めることで神経症状の改善が見込まれます。一方で、前方固定術は椎間本来の可動性を犠牲にするという欠点に加え、固定部の隣の椎間での障害が新たに発生しやすくなるという問題があります。それに対し、人工椎間板置換術は、椎間板を摘出した後に可動性を有するインプラントを設置する手術手技です。神経組織への圧迫を取り除いた後に、固定はせずに本来の椎間の可動性を保ちます。罹患椎間の可動性を温存することにより隣接する椎間への負担を減らし、新たな障害発生を防ぐ目的で開発されました。
頚椎人工椎間板は既に欧米、アジア諸国で広く承認されており、患者さんの治療に使われてきております。

 平成29年に本邦で頚椎人工椎間板置換術が承認され、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、頚椎症性脊髄症に対して実施することが可能となりました。
承認に際し、日本脊椎脊髄病学会、日本脊髄外科学会合同で適正使用基準を作成し、市販後調査期間中(使用開始から約1年間)はプロクター施設のみで施行可能となっております。
当院は、認可された2種類の頚椎人工椎間板のうち、ジンマーバイオメット社製のMobi-C®のプロクター施設(全国で9施設)に指定されており、頚椎の人工椎間板手術をおこなう事ができます。
プロクター施設は日本脊椎脊髄病学会のホームページ( http://www.jssr.gr.jp/ )でも確認ができます。

Musculoskeletal Disease Conference のご案内

 大阪医大整形外科学教室主催の講演会についてご案内申し上げます。

                日時 : 2019年10月3日(木)18時30分~20時10分

                場所 : グランフロント大阪 北館タワーB10階 ルームB02

 本講演の演者西須先生は先ごろ、「これが私の小児整形外科診療」という大変わかりやすい書籍を出版された小児整形外科学会の若手リーダーです。講演も毎回とても面白く、引き込まれる内容で私が言うのもなんですが、おすすめです!同門の先生方にも是非ご来場いただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

                大阪医大 藤原憲太 拝

・下記よりダウンロードして頂けます。
       ↓ ↓ ↓

【案内状】Musculoskeletal Disease Conference (PDFデータ)

 

 

第9回大阪医科大学整形外科開業医会開催の御案内

詳細は下記よりダウンロードして頂けます
       ↓ ↓ ↓  

第9回大阪医科大学整形外科開業医会ご案内(PDFデータ)



令和元年度同門会 秋期教育研修会のご案内

令和元年度同門会 秋期教育研修会のご案内

拝啓 
  向暑のみぎり、先生方におかれましては益々ご清祥のことと存じます。
このたび、令和元年度同門会 秋期教育研修会の日程を下記の通りご案内申し上げます。多数の先生方のご参加を心よりお待ち致しております。
敬白

 

令和元年8月吉日
大阪医科大学整形外科学教室同門会
会長 大島 正義

 

― 記 ―

    日 時:令和元年9月28日(土)午後16:00~午後18:30

    場 所:梅田スカイビル タワーイースト 33階

     〒531-6033 大阪市北区大淀中1-1-88-3200 Tel:06-4796-0453 

     秋期教育研修会 : 午後1620~午後1830 

     ※学術講演の詳細につきましては、別紙にてご案内致します。
      教育研修単位は日整会IC会員カードによる申請のみとなります。
      必ず、IC会員カードをご持参下さい。
 

講演会終了後、情報交換会の場をご用意致しております
          午後1845

  詳細につきましては、下記をご覧ください。
           ↓ ↓ ↓
   令和元年度同門会秋期教育研修会ご案内(PDFデータ) 

 

 

骨折治療研修セミナーのご案内

謹啓 季夏の侯、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、毎年恒例の骨折治療セミナーを、今年も10/5(土)に開催することになりました。
今回は講師に京都きづ川病院整形外科副部長の堀江直行先生をお招きして、『FNSを用いた大腿骨頸部骨折に対する治療戦略』をご講演いただきます。
今回は大腿骨頚部骨折に関する症例検討会を行いますので、現在お困りの症例やこれまでに苦労した症例がございましたら、是非会場にお持ちいただきますようよろしくお願い致します。
この会は研修医の先生にもご参加いただき、整形外科に興味を持っていただく機会でもあります。
是非、本セミナーにご参加いただき、骨折治療のアップデートのみならず、親交も深めていただければと思います。
厳しい暑さが続きますが、激務のお疲れが出ませぬようご自愛ください。
皆様のご参加をお待ちしております。
謹白

 

問合せ先:嶋 洋明(ort125@osaka-med.ac.jp)

・下記よりダウンロードして頂けます。
       ↓ ↓ ↓

大阪医科大学 整形外科学教室 骨折治療研修セミナー2019(PDF)

 

 

『国際学会発表』ページを更新しました

『国際学会発表』のページをご覧ください。