お知らせ

ホーム > お知らせ

平成27年度第5回医局説明会を開催いたします

研修医および医学生の皆さんを対象に医局説明会を開催いたします。
皆さんと一緒に食事をしながらいろいろとお話が出来ればと思います。
ご参加お待ちしております。

開催日時:7月17日(金)18:30〜
開催場所:一寸法師 高槻市北園町14-7  モリタ屋北園店2階
電話 072-683-8929

参加希望の方は当HPのお問い合わせホーム、または下記までお問い合わせください。

担当:嶋洋明・岡本純典・大野克記
大阪医科大学 整形外科学教室
 電話 072-683-1221(内線2364)

平成27年度 第4回整形外科医局説明会を開催しました

2015.5.29-1


  5月29日に、高槻のタイ・バリ料理のお店「熱帯食堂」で第4回整形外科医局説明会を開催しました。

今回は5月末で2カ月間の整形外科での研修を修了した研修医2年目の在田先生、市橋先生、西内先生(女医さん)の送別会も兼ねていましたので総勢31名の皆様に出席頂きました。
在田先生、市橋先生、西内先生ともに今年度中に再度整形外科を研修してもらえるはず?なので、またお会いできる時を楽しみにしております。


2次会はBIRDに移動し、我が整形外科病棟の看護師さんたちの苦労も労いながら楽しい夜を過ごしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 さて、第5回の医局説明会は7月17日に行う予定にしております。説明会の時間・場所は決まり次第、このホームページでもご案内致します。レジデント、研修医の先生、そして学生の皆さんのご参加をお待ちしております。

文責:嶋 洋明

第31回北摂手外科談話会プログラムのご案内

【第31回北摂手外科談話会】
プログラム
<最終>

第31回北摂手外科談話会当番世話人
大阪医科大学 整形外科 廣藤 真司

謹啓時下、先生方にはご診療、ご研究に益々ご活躍のことと存じます。
この度、手外科領域に対する診断・治療・研究の向上を目的として「第31回北摂手外科談話会」を開催する運びとなりました。
ご多用中とは存じますが、ぜひご参加賜りますようご案内申し上げます。

謹白

日 時:2015年6月13日(土) 16:30~18:30
場 所:梅田スカイビル タワーウエスト22階 【E会議室】
 大阪市北区大淀中1-1-88  TEL 06-6440-3901(ビル管理オフィス)

 世話人会: 梅田スカイビル タワーウエスト22階 【F会議室】16:00~16:30 

<プログラム>

* 演者の先生へ:1演題につき発表時間5分、討論3分(合計8 分)を厳守願います。
* MAC及び動画のある先生はPCをご持参ください。(MACのコネクターも必要です。)

【情報提供】『プラリア皮下注60mgシリンジ最新の話題』 第一三共株式会社

【一般演題】
No.1 「肘部管症候群に対するnerve gliding exercise 」

 もり整形外科・リウマチ科クリニック ○西出義明、森拓美
 大阪医科大学 整形外科 三幡輝久
 城山病院 整形外科 阿部宗昭

No.2 「鏡視下手術を行った肘関節滑膜性骨軟骨腫の一例」
 大阪医科大学 整形外科 ○大野克記 廣藤真司 根尾昌志
 河端病院 整形外科 渡辺千聡

No.3 「拘縮に対して当院で用いている肘関節装具の変遷」
 畷生会脳神経外科病院 リハビリテーション科 ○柳川明義
 畷生会脳神経外科病院 整形外科 小田明彦、永山宗一郎、辻中聖也、金基中

No.4 「上腕骨遠位端骨折に対してアルプスプレートを用い、尺骨前方移動を行わなかった1例」
 畷生会脳神経外科病院 整形外科 ○辻中聖也、小田明彦、永山宗一郎、金基中

No.5 「小指基節骨粉砕骨折に対し自家骨移植を併用しプレート固定術を行った1例」
 済生会茨木病院 整形外科 ○杉本裕宣 富田誠司 阿部宗樹 羽山祥生

・・・・・・・・・<  コーヒーブレイク >・・・・・・・・・

No.6 「X線にうつらない手部異物に対して超音波ガイド下に摘出を行った2症例」
 河端病院 整形外科 ○渡辺千聡

No.7 「鎖骨骨折偽関節に合併した腕神経叢麻痺の1例」
 佐藤病院 整形外科 ○黒川義隆、白井久也、久保田潤

No.8 「上腕骨遠位骨端離解の一例」
 洛西シミズ病院 整形外科 ○和田浩伺、石津恒彦、奥田龍三、田村竜一、矢津匡也、福西邦素、白石将史、木野圭一朗
 城山病院 整形外科 阿部宗昭

No.9 「全身麻酔下、ウエイクアップテストを併用した屈筋腱剥離術の小経験」
 北摂総合病院 整形外科 ○植田直樹
  リハビリテーション科 蓬莱谷耕士、小栗山絵美

【ミニレクチャー】

「狭窄性腱鞘炎の手術治療と合併症」
   西宮協立脳神経外科病院 整形外科 部長 瀧川直秀先生

「小児肘周辺骨折の診断、誤診をしないために」
   春秋会 城山病院 上肢機能再建研究所所長/顧問 阿部宗昭先生

当日は、ご参加頂いた確認のため、ご施設名・ご芳名の記帳をお願い申し上げます。
記帳いただいたご施設名・ご芳名は医薬品及び医学・薬学に関する情報提供に利用させていただくことがございます。何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※当日、参加費として医師:1,000円・その他の方:500円を申し受けます。
※会終了後情報交換会を予定しております。
※この案内は同門会ホームページにも掲載しております。

【会場案内図】
スカイビル地図
<共催:北摂手外科談話会/第一三共株式会社>

詳細は下記データからもご確認頂けます。
 ↓
第31回 北摂手外科談話会プログラム(最終)【PDFデータ】
第31回 北摂手外科談話会プログラム(最終)【Wodデータ】

【お問い合わせ先】
第一三共株式会社 豊中第二営業所
田中 智記様 宛

TEL:06-6155-3336
FAX:06-6871-1103
Mail : tanaka.tomoki.k2@daiichisankyo.co.jp

縫合実習および第3回整形外科医局説明会を開催しました。

4月14日(月)の医局カンファレンス終了後に、研修医の先生と本学学生さんを対象に縫合実習を当院第6会議室にて開催しました。
研修医の在田先生、市橋先生、西内先生、大塚先生と本学6回生の堀君、森永君、勝盛さん、木本さんの8名が実習に参加してくれました。吸収糸を使っての埋没縫合のビデオ説明を見た後に、整形外科スタッフの先生による懇切丁寧な指導のもと、1時間ほどじっくりと練習をしていただきました。特に学生さんからは“縫合の勉強になった”と喜んでいただきました。

縫合実習後には高槻の割烹「えい参」で医局説明会を開催しました。縫合実習に参加してもらった8名の研修医・学生さんに加えて研修医の山崎先生、鈴木先生、中村先生と6回生の大橋君にも参加していただき、総勢31名での説明会となりました。研修医の先生や学生さんには当教室における研修内容だけでなく、整形外科医局の雰囲気も味わっていただけたように思います(あまりに楽しかったので説明会の様子を撮り忘れてしまいました)。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

butakawa4

第4回の医局説明会は5月29日(金)に行う予定にしております。説明会の時間・場所は決まり次第、このホームページでご案内致します。研修医の先生、学生の皆さんのご参加をお待ちしております。

文責:嶋 洋明

4月6日に医局歓迎会を行いました

4月6日に医局歓迎会を行いました。何かと忙しい月曜日でしたが、鉄板焼きgodaiで19時から始めました。
4月からスタッフとして手外科班の廣藤真司先生、岐阜大学から脊椎外科医の野澤聡先生(1年間の短期勤務)が就任されました。大学院生は、藤野圭太郎先生、村上友彦先生、木澤桃子先生が新たに入学されました。羽山祥生先生は非常勤医師として週二回脊椎の仕事を手伝ってもらいます。また、新入レジデントとして平井佳宏先生、平井宏典先生、内田明宏先生、松山洵也先生、宮本裕紀先生、守倉礼先生が、新たに仲間入りしました。今月研修中の研修医の在田稔章先生、市橋淳先生、西内維先生に加え、学生の木本智子さんにも参加していただきました。

自己紹介ではそれぞれのセールスポイントを話していただきましたが、今年の新人は皆ユニークなキャラが多く、大いに盛り上がりました。godaiのおいしい食事と酒を満喫し、盛会のうちにお開きとなりました。

ここ数年で大分若返った大阪医大整形外科教室ですが、今後の繁栄が予見できそうな良い雰囲気の医局歓迎会だったと思います。

中野敦之

医局歓送迎会を行いました

3月13日にホテルグランヴィア大阪、名庭の間にて平成27年大阪医科大学整形外科医局歓送迎会を行いました。今年は中島幹雄准教授と常徳剛助教が3月で退職されることになり、参加人数60人の盛大な会となりました。
最初に根尾教授の挨拶から始まり、安田先生の音頭で乾杯をおこないました。

次に新入スタッフ(廣藤、横田先生)にご挨拶をいただき、新入大学院生やレジデントの先生達にも順番に挨拶をしていただきました。

新しいレジデントの先生方

新しいレジデントの先生方

 

今回スタッフ以外に送別されるのは、レジデントの小松、和田、中村、速水先生の4人、大学院の小田、飛田、足立、万波先生の4人でした。残念ながら速水先生は新婚旅行、中村先生は緊急手術で参加できませんでした。順番にお別れの挨拶してもらった後、それぞれ一番お世話になった上司から餞の言葉と花束が贈呈されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

間曽師長 病棟長の藤原先生

メインのスピーチタイムとなり常徳先生には毒舌挨拶(ややひかえめ)と、最後に中島先生からお別れの挨拶(予想より短かった!)をいただきました。

途中偶然同じフロアで送別会をされていた北野病院の先生(太田、井関先生)が元上司の根尾教授のもとに乱入されるハプニングもありましたが、大変な盛り上がりの中、予定通りお開きとなりました。

中島1

看護師の皆さんと

二次会にも40人以上参加していただき、最後に酔って暴徒化した若手医師が中島先生を胴上げする騒ぎになりました。中島先生に怪我が無くて良かったです。

常徳先生、中島先生、長い間医局を支えていただきまして本当にありがとうございました。

中野敦之

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第69回大阪医科大学整形外科関連病院談話会

第69回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム

                            ※3月23日最新版      
日 時 : 平成27年28日(土)15:00〜18:00  (幹事会は14:30から)
場 所 : 中之島ダイビル32階 TEL 06-7636-3400
※大阪市営地下鉄 四ツ橋線 肥後橋駅(3番出口)、京阪電鉄中之島線渡辺橋駅 直結
会 費 : ¥1,000-

〈 演 題 〉    【司会】 北野 直 (葛城病院)

1.『週一回テリパラチド製剤の最新の知見について』  
旭化成ファーマ学術担当  小塩岳弘
2.『仙骨裂孔ブロック後に遷延する下肢麻痺を生じたTarlov Cystの1例』
 市立ひらかた病院  〇小坂理也 堀之内崇 岡田昌浩
3.『脱臼したままで待機手術を行った肘関節脱臼の1例』  
畷生会脳神経外科病院 ○小田明彦、廣藤真司、岡吉倫弘、金 基中 
4.『基礎疾患なく発症した多発性難治性膿瘍の1例』
大阪府三島救命救急センター  〇矢倉幹啓、岡本雅雄、大塚尚
5.『関節リウマチとの鑑別が困難であったHCV関連多発関節炎の一例』
西宮協立脳神経外科病院 ○江城久子、瀧川直秀、阿部宗樹、安井憲司、深井敦大、辻中聖也、木下光雄
6.『90歳以上の高齢者における大腿骨近位部骨折手術例の予後』
永山病院  〇中川浩輔 成山雅昭 村越太
7.『小児上腕骨顆上骨折に合併した上腕動脈損傷例』
春秋会 城山病院 〇藤野 圭太郎 熊野 穂積 坪井競三 河上 剛 木下 明彦  阿部 宗昭
8.『DISHを伴うL5腰椎骨折に対しS2 alar iliac screwを用いて手術加療を行った1例』
葛城病院  〇松本和寛 大植睦 森本法生 北野直 篠原和幸 池田邦明
大阪医科大学  中矢良治
9.『脊椎手術における深部SSIの発生頻度 -ステープルを用いた創閉鎖について-』
洛西シミズ病院 〇矢津匡也 石津恒彦 奥田龍三 田村竜一 福西邦素 白石将史 村上友彦 大保拓也  
10.『大腿骨頚部骨折の新しい内固定材料ハンソンピンロックの使用経験』
社会医療法人 景岳会 南大阪病院 〇大坂芳明 森川潤一 北原義大 奥野雄大 東迎高聖
11.『後方安定型人口膝関節全置換術術後に生じたPatellar Clunk Syndromeの1例』
奈良友紘会病院 〇若間仁司 弓場一秀 瀬木治郎 
河原整形外科 河原邦彦
中野医院 中野晋吾
12.『未定』
高槻赤十字病院
※動画使用、MACユーザーの先生はPC持参ください。 D-sub 15pin対応のコネクターもご持参ください。
*会終了後、情報交換の場をご用意しております。

【 当 番 】  葛城病院 
【 共 催 】  大阪医科大学整形外科関連病院談話会/旭化成ファ-マ(株)
※第70回開催日 10月24日(土)を予定しております。

中之島ダイビル 案内図
※今回会場が変更となっております。
中之島ダイビル 32F です

地下鉄四ツ橋線 肥後橋駅 (1B番出口)
京阪電鉄中之島線 渡辺橋駅 (27番・28番出口)

中之島ダイビル地図

詳細は下記データからもご確認頂けます。
 ↓
【0323更新】大阪医科大学整形外科関連病院談話会(PDFデータ)
【0323更新】大阪医科大学整形外科関連病院談話会(Wordデータ)

平成27年度 第2回整形外科医局説明会を開催しました

 3月6日に、高槻のヘルスタ鍋のお店「河東」で第2回整形外科医局説明会を開催しました。

今回は研修医1年目で現在整形外科を研修中の山崎先生と4月から整形外科で研修予定の在田先生、市橋先生、市立ひらかた病院で研修中の岡本先生、そして5回生の田中君、福田君が参加してくれました。今回はラグビー部のOBもしくは現役の参加が多く、在田先生と田中君、福田君が本学のラグビー部で、岡本先生は奈良県立医大のラグビー部に所属していたとのことで、ラグビー部OBの私としましてはとても楽しくてうれしい会となりました。
岡本先生は西医体で3位になったそうで、本学現役の学生に刺激を与えていただきました。
大阪医大ラグビー部頑張れ!!
2015.3.6-2

2次会はオールズに移動し、男たちで楽しい夜を過ごしました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
2015.3.6

さて、昨年も開催しました整形外科学教室主催の豚皮を用いた縫合実習を4月13日に6病棟3階の第6会議室で開催します。実習終了後には第3回の医局説明会を行う予定にしております。説明会の時間・場所は決まり次第、このホームページでご案内致します。
レジデント、研修医の先生、そして学生の皆さんのご参加をお待ちしております。

文責:嶋 洋明

第25回近畿足の外科症例検討会のご報告


第25回近畿足の外科症例検討会が開催されました。

平成27年2月14日(土)に第25回近畿足の外科症例検討会が大阪の天満研修センターで開催されました。今回は当教室の安田稔人先生が当番世話人をされました。

001

 これまで本会で検討される症例数は1回に7〜9例でしたが、今回は久留米大学からも検討症例の発表があり、当科も含めて13例と多くの症例が報告・検討され、94名の御参加を頂きました。足部変形やスポーツ傷害、関節リウマチなどの診断や治療に対する検討があり、二分舟状骨の症例を西宮協立脳神経外科病院の辻中先生が、重度外反母趾の症例を洛西シミズ病院の村上先生が、脛骨天蓋骨折後骨欠損の症例を当教室の小松先生がそれぞれ発表し、熱い議論が交わされました。

002003.

004

 検討会終了後は、杏林大学 林 光俊 先生から「スポーツによるアキレス腱断裂とリハビリテーション−保存療法を主として−」を講演していただきました。本会の終了後、林先生をお招きして木下光雄名誉教授をはじめ足の外科班のメンバーで食事会を行いました。林先生は全日本男子バレーボールのチームドクターを26年間されていて、オリンピックに6度も挑戦されたとのことで、楽しいお話をいろいろ聞かせていただきました。

005
次回、第26回近畿足の外科症例検討会は8月1日に神戸大学の神崎至幸先生が当番世話人で、天満研修センターで開催されます。当教室の安田先生が講演される予定です。皆様のご参加をお待ちしております。
(文責 嶋 洋明)

大阪医科大学整形外科学教室最優秀論文賞 表彰

平成27年1月10日(土)に「大阪医科大学整形外科学教室同門会総会」がホテルグランヴィア大阪20階「鳳凰の間」で行われました。

大阪医科大学整形外科学教室最優秀論文賞受賞者は

臨床部門:大槻 周平 先生
Correlation between varus knee malalignment and patellofemoral osteoarthritis.
Otsuki S, Nakajima M, Okamoto Y, Oda S, Hoshiyama Y, Iida G, Neo M.
Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014 Oct 2. [Epub ahead of print]大槻Dr.

基礎部門:藤澤 幸隆 先生
Three-dimensional analysis of acromial morphologic characteristics in patients with and without rotator cuff tears using a reconstructed computed tomography model.
Fujisawa Y, Mihata T, Murase T, Sugamoto K, Neo M.
Am J Sports Med. 2014 Nov;42(11):2621-6
藤沢Dr.

に決定致しました。
大阪医科大学整形外科学教室教授根尾昌志先生より、
大槻周平先生と藤澤幸隆先生へ表彰状と副賞が授与されました。