お知らせ

ホーム > お知らせ

第75回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム【実施版】

先日確定版と掲載いたしましたプログラムは、1演題演題名が抜けておりました。
今回掲載のプログラムが最終実施版でございます。



●第75回大阪医科大学整形外科関連病院談話会の詳細は下記からもご覧いただけます。
         ↓↓↓
第75回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム 実施版(PDFデータ)

 

 

 

 

 

第75回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム【確定版】



●第75回大阪医科大学整形外科関連病院談話会の詳細は下記からもご覧いただけます。
         ↓↓↓
【3.12更新】第75回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム 確定版(PDFデータ)

 

 

 

 

 

第75回大阪医科大学整形外科関連病院談話会ご案内 第2報



●第75回大阪医科大学整形外科関連病院談話会の詳細は下記からもご覧いただけます。
         ↓↓↓
【3.1現在】第75回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム(PDFデータ)

 

 

 

 

 

 

平成30年 第1回整形外科医局説明会を開催しました。

 1月30日に第1回整形外科医局説明会を高槻のオイスターバル 「シェル&シュリンプ」で開催しました。この日参加していただいた研修医1年目の先生は、12月、1月と整形外科で研修中の西田先生と、本学で研修中の伊藤先生、宮木先生、高山先生の4名が参加してくれました。皆さん、今の所あまり整形外科を志望している感じではなかったので、これからも勧誘を続けていきたいと思います。よろしくお願い致します。
 2次会は「ケーズ アルバーマー」で、高槻の夜を過ごしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

   

   次回は3月2日に、整形外科医局送別会を高槻「URGE」で行います。研修医の先生のご参加をお待ちしております。                                                                                                                                                                                                                                                                                文責:嶋 洋明

2018年度 北摂手外科談話会ご案内

 

 

〇2018年度北摂手外科談話会の詳細は下記からもご覧いただけます
     
      ↓↓↓  
2018年度北摂手外科談話会のご案内(PDFデータ)

第75回大阪医科大学整形外科関連病院談話会ご案内


●第75回大阪医科大学整形外科関連病院談話会の詳細は下記からもご覧いただけます。
         ↓↓↓

【演題募集のご案内】第75回大阪医科大学整形外科関連病院談話会(PDFデータ)

 

 

 

 

 

 

第1回四私大整形外科球技大会に参加しました

2017年12月9日に第1回四私大整形外科球技大会に参加しました。この球技大会は本年4月に関西医大整形外科学講座の新教授に就任された齋藤貴徳先生の提案で関西の4私立大学の交流を目的に開催されました。我々の教室では夏頃から12月に交流目的の運動会/忘年会が開催されることを周知し、医局員は準備万端で関西医大牧野キャンパスの体育館に乗り込みました。当日は関連病院の先生方にも参加いただき、他大学に比して我々の教室は最多人数で臨むことができました。開催された4種目ではバスケ3位、バレー3位、サッカー2位、綱引き2位と1位は取れなかったもののまずまずの結果でした。バスケではアキレス腱断裂から奇跡の復帰をした畷生会の飯田先生のスーパーシュートもあり、バレーではレジデントの野口先生の無双サーブ、サッカーでは中野先生のスーパーゴールと数々の盛り上がりを見せ、楽しくすごせました。最後の教授対抗フリースローでは根尾教授の代わりに安田准教授にご参加いただき、ゴールデンボールでのシュートも決められましたが、ホームの利も生かして齋藤教授が優勝されました。
 

 その後、枚方の関西医大本学で合同忘年会を開催し、各大学の交流を図り、刺激の多い1日となりました。


 次年度は兵庫医大が主催で開催される予定ですが、優勝できるよう今から教室員一同、体を鍛えなおして臨みたいと思います。
 我こそはという関連病院の先生方もぜひご参加をお待ちしております。

文責:村上友彦

第29回日本整形外科学超音波学会最優秀論文賞を受賞して

沖縄県におけるDDH診断遅延の現状と二次検診体制の整備 
–乳児股関節エコー遠隔読影システムの構築-
金城健 青木清 藤原憲太  2017年 日本整形外科超音波学会誌 

 この度、第29回日本整形外科学超音波学会最優秀論文賞を上記論文で受賞いたしました。
島嶼を多く抱える沖縄県で、島嶼性という地理的な問題の解決法を遠隔読影という方法で提示した内容となっています。
このアイデアは大阪医科大学整形外科の藤原憲太先生との何気無い議論の過程で生まれて、実際にそのアイデアを実践したものです。
受賞は想定外で、驚きましたが多施設共同で行った仕事が評価されたことはこの上ない喜びでした。

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター
整形外科  金城 健

大阪医科大学整形外科学教室同門会 特別講演会のご案内

大阪医科大学整形外科学教室同門会
特別講演会のご案内


    謹啓  晩秋の候、先生方におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
    この度、奈良県立医科大学整形外科学教室教授田中康仁先生をお招きし
    大阪医科大学整形外科学教室同門会特別講演会を下記の要領にて開催いたします。
    つきましては、ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようお願い申し上げます。
                                                                                                                    謹白
                                                               記

     日時  平成30年1月13日(土曜日) 16時50分~18時00分
     場所  ホテルグランヴィア大阪20階「鳳凰の間」
                                      大阪市北区梅田3丁目1番1号TEL:06-6344-1235(代表)

情報提供(16:50~17:00) 「モーラスパップXR120mgについて」 久光製薬株式会社
 
  特別講演(17:00~18:00)

            座長     大阪医科大学生体管理再建医学講座  整形外科学教室
                                                                                  教授  根尾  昌志  先生

            演者     奈良県立医科大学  整形外科学教室

                                                                                   教授  田中  康仁  先生

            演題   「変形性足関節症の病態と治療」

教育研修単位
・日本整形外科学会
 N-6(リウマチ性疾患、感染症)、N-12(膝・足関節・足疾患)、R(リウマチ)のうちいずれか1単位
 ○必要な方は別途1単位1,000円申し受けます。
*日本整形外科学会IC会員カードをお忘れなくご持参いただきますようご協力の程、お願い申し上げます。
*参加費: 1,000円
*講演会終了後、情報交換会の場を御用意致しております。
                                             
                                         共催  大阪医科大学整形外科学教室同門会
                                                  久光製薬株式会社

内容は下記のPDFからもご確認頂けます。
↓↓↓
大阪医科大学特別講演会案内状
ホテルグランヴィア大阪地図

 




タイからPrakasit Chanasit 先生(ニックネームはMei)をclinical fellowとして迎えました

平成29年9月9日 ~ 平成29年10月31日まで、タイからPrakasit Chanasit 先生(ニックネームはMei)をclinical fellowとして迎えました。

Mei先生はタイの整形外科医で、肩、膝、スポーツを専門にとする35歳の先生です。英語が堪能な上に、今回の来日前に日本語を勉強してきたそうで、何とカタカナが読めちゃうスーパータイ人でした。今回は当科の三幡先生が考案した上方関節包再建術の手術手技や、リハビリなどを勉強するため、2か月弱の滞在でした。友好的な性格で肩の手術のコツのみならず日本語(生中、おかわり、もう一杯など)もどんどん吸収して最後は日本語でプレゼンテーションまでしてくれました。

Mei先生の今後の活躍とともに、これからも交流が続くことを期待しています。
                                                                                          (文責:長谷川 彰彦)

日本肩関節学会で(一番右がMei先生)

日本語でプレゼンテーションをしたMei先生

 

My 2-month experience in Department of Orthopedic Surgery, Osaka Medical College.

                         Prakasit Chanasit MD FRCOST
                       Charoenkrung Pracharak Hospital
                              Bangkok, Thailand

 

  I am Prakasit Chanasit MD. I am from Thailand. Before I came to Osaka Medical College(OMC), I worked at the municipal hospital in Bangkok named “CHAREONKRUNG PRACHARAK” hospital. I am specialized at shoulder and knee surgery with 6 years’ experience in this field.

  Several years ago, I heard about “Superior capsular reconstruction”(SCR), the novel treatment for massive irreparable rotator cuff tendon tear. It was originated by Teruhisa Mihata MD PhD. It was very interesting concept and procedure for me. I have learned a lot from his publications. But, from the worldwide level, the result of this operation is not so good especially when do not perform by Dr. Mihata. I thought that there must be some details those influenced his good result.
So, I needed to know about that. First, I tried to find Dr. Mihata’s email from the internet. Fortunately, I could find it from the PubMed. I sent my proposal to him last year. And He accepted my proposal to observe his works for 2 months at OMC.

Figure 1 : SCR illustration

  OMC is located in small city called TAKATSUKI. I never knew this name before. I really nervous about that. But, Dr. Mihata cordially appointed Akihiko Hasegawa MD PhD to take care of me. Dr. Hasegawa is very helpful and generous. He prepared the documentations, booked the hotel, and did everything that I might need to stay in Takatsuki. I would like to express my gratitude to him to made this good time for me.

Figure 2 : In front of OMC hospital

  First day in OMC, Dr. Hasegawa took me to the department office. I met Dr. Mihata there. Dr. Hasegawa also introduced me to Prof. Neo and another department staff like Dr. Shima, Foot and ankle specialist, Dr. Nakano, Spine surgeon, etc. It was a warm welcome.

Figure 3 : OMC shoulder group & me

After that, Dr. Mihata introduced the research protocol for me to do in 2 months’ period. It was about the MRI evaluation of supraspinatus muscle after the SCR operation. Clinically, after SCR, the muscle power and range of motion is improved compare to preoperative. But, we still have no other evidence at this time. So, this is the main purpose for this study.

  The clinical experience with Dr. Mihata is include the out-patient clinic, observe the operation, rehabilitation. I also had a good chance to scrub in and assist in the operation under Dr. Mihata supervision. It was my best experience, here. As mentioned earlier, my main purpose is to learn the SCR. Dr. Mihata showed me the presentation of concept and overview of SCR. So, I can understand more. Dr. Hasegawa also taught me how to harvest the Fascia Lata graft to use for the SCR. Different from the operation from another hospital, Dr. Mihata always use the Fascia Lata graft to reconstruction the superior capsule because of the good biomechanical property of the Fascia Lata.

Figure 4 : Assisting Dr. Mihata’s operation

  After 2-week observation, I was allowed to assist the operation. I experienced to assist Dr.Mihata to do the shoulder arthroscopy including rotator cuff repair, anterior capsulolabral reconstruction and superior capsular reconstruction. I also harvested the Fascia Lata graft by myself under his supervision.

  In the out-patient clinic, I observed Dr. Mihata follow up his patients. I was surprised every time that I saw the SCR patients can elevate their arm very well without any pain. That’s mean the operation has good outcome.

Figure 5 : Out-patient clinic

  I also observed the surgery and the experiment of knee group in the hospital. Japanese surgeons always had the innovation for treatment. I saw the total knee arthroplasty using the implant that was made in Japan. And Dr. Otsuki’s experimental study about meniscal scaffold in rabbit model. Such innovative!!

Figure 6 : Knee group surgery

  Finally, I would like to express my gratitude to everyone contributing in creating the most joyful moment in my life. Friendships and happiness here will be forever-unforgettable memories. I really hope that one day in the future we will have a chance to meet again.

Figure 7 : OMC Orthopaedics team & me

 

Mei先生の『My 2-month experience in Department of Orthopedic Sergery, Osaka Medical College.』は下記にて詳しくご覧いただけます。
↓↓↓
Mei’s OMC in short review_(PDFデータ)