お知らせ

ホーム > お知らせ

第4回大阪医科大学整形外科開業医会 開催のお知らせ(第2報)

第4回大阪医科大学整形外科開業医会

詳細は下記より用紙をダウンロード頂けます

第4回大阪医科大学整形外科開業医会(PDFデータ有)

第73回大阪医科大学整形外科関連病院談話会演題募集のご案内

【演題募集のご案内】第73回大阪医科大学整形外科関連病院談話会

●下記より用紙をダウンロード頂けます。
 ↓↓↓
【演題募集のご案内】第73回大阪医科大学整形外科関連病院談話会

創外固定セミナー&平成29年第1回整形外科医局説明会を開催しました。

 1月21日(土)に本学第5会議室に於いて、創外固定セミナーを開催しました。日本メディカルネクスト社さんのご協力で、ホフマンタイプの創外固定器であるGALAXY®とリング型創外固定器のTL-HEX®の2種類を準備していただきました。

参加者はレジデントで蒼生病院の内田先生、研修医2年目で今年当科に入局する天野先生、三宅先生、吉川先生、研修医1年目の大野先生、鈴木先生、田中先生、堀先生、済生会吹田病院の大橋先生、北摂総合病院の高先生、高槻赤十字病院の山本先生の11名で、助っ人として市立ひらかた病院の飛田先生にもお手伝いいただきました。
創外固定セミナー①創外固定セミナー②

模擬骨を使用して実際に2種類の創外固定器の設置手技を各先生に体験していただきました。また模擬骨を骨切りして、創外固定器を用いた骨折の整復も体験してもらい、有意義な時間が過ごせたと思います。ご参加いただいた先生、ありがとうございました。

創外固定セミナー③

セミナー終了後、今年第1回目の整形外科医局説明会を高槻の寿司ダイニング「」で開催しました。研修医2年目の先生と研修医1年目の大橋先生、高先生、田中先生とともに鍋を囲みながら楽しいひと時を過ごしました。皆さんお疲れ様でした。

次回は2月に縫合セミナーを開催します。豚の腱を使用した縫合実習がありますので、レジデントや研修医の先生のご参加をお待ちしております。

文責:嶋 洋明

第18回 北摂関節外科研究会のご案内

%e3%80%90%e5%9c%b0%e5%9b%b3%e3%81%82%e3%82%8a%e3%80%91%e7%ac%ac18%e5%9b%9e%e5%8c%97%e6%91%82%e9%96%a2%e7%af%80%e5%a4%96%e7%a7%91%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a%e6%a1%88%e5%86%85_%e3%83%9a%e3%83%bc

 出欠等、詳細は下記データにてご覧頂けます  
 第18回北摂関節外科研究会のご案内
   (WORDデータ・地図あります)

 

整形外科医局忘年会を行いました

 12月16日に医局忘年会を中之島の『ラ・フェット ひらまつ』で開催しました。
中之島フェスティバルタワー37階(地上200m!!)の素晴らしいシチュエーションで、高級なフレンチを頂きました。
 会には研修医の先生方やコメディカルのスタッフを合わせ75人が集合してくださり、和気藹々と楽しい時間を過ごすことができました。
間違いなく、他のどこの科よりも豪勢な忘年会であったと思います。

  途中には、フランス留学中の藤城先生から高級なワインの差し入れも届くというサプライズもあり、会場を沸かせていただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 商品をかけたビンゴゲームでは、手術室看護師同士が景品を賭けた女性の本気腕相撲対決も実現し、個人的にツボでした。

  二次会は大阪駅近くのneut.へ移動し、少し肩の力を抜ける空間で再び飲み直しました。途中で、来年入局の研修医の先生、天野先生、大塚先生、中村先生、野口先生、三宅先生、吉川先生にも挨拶をいただきました。来年度はみんなで協力しあい、素晴らしい1年を過ごし、素晴らしい忘年会を開催して欲しいと思いました。

 あっという間に終電近くの時間になり高槻に帰ってきたのですが、まだまだ元気な若者たちでRUSHで気がつけば3時まで騒いでいました。

 最初から最後まで本当に楽しい忘年会でした。
 参加いただいた皆様、ありがとうございました!!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レジデント 石谷貴

大阪医科大学整形外科学教室同門会 特別講演会のご案内

大阪医科大学整形外科学教室同門会
特別講演会のご案内

謹啓 晩秋の候、先生方におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 この度、滋賀医科大学 整形外科学講座 教授  今井 晋二先生をお招きし、大阪医科大学整形外科学教室同門会特別講演会を下記の要領にて開催いたします。
 つきましては、ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようお願い申し上げます。

謹白

日 時 平成29年1月14日(土曜日) 16時50分~18時00分
場 所 ホテルグランヴィア大阪 20階 「鳳凰の間」
大阪市北区梅田3丁目1番1号 TEL:06-6344-1235(代表)

情報提供(16:50~17:00)
「モーラスパップXR120mgについて」 久光製薬株式会社

特別講演(17:00~18:00)

 座長  大阪医科大学生体管理再建医学講座 整形外科学教室 
    教授  根尾 昌志 先生
 演者  滋賀医科大学整形外科学講座
    教授  今井 晋二 先生
「 上肢拳上困難を伴う疾患の診断と治療-運動療法と手術療法-」

教育研修単位 
・日本整形外科学会1単位 
N-8(神経・筋疾患(末梢神経麻痺を含む)、N-9(肩甲骨・肩・肘関節疾患)、
Re(運動器リハビリテーション)のうちいずれか1単位
○必要な方は別途1単位1,000円申し受けます。
*日本整形外科学会 IC会員カードをお忘れなくご持参いただきますようご協力の程、お願い申し上げます。
*参加費: 1,000円
*講演会終了後、情報交換会の場を御用意致しております。

共催  大阪医科大学整形外科学教室同門会
 久光製薬株式会社

内容は下記のPDFからもご確認頂けます。
↓↓↓
平成29年1月14日 大阪医科大学特別講演会のご案内状
グランヴィア大阪(地図有)


平成28年 最優秀論文賞 応募のご案内

この度、平成28年大阪医科大学整形外科学教室最優秀論文賞の審査を行います。

 応募資格は、英文誌に投稿し平成28年に掲載された主著者のものを対象とし全文が掲載されたon line ahead of printも対象となります。詳細につきましては下記からご確認いただけます。

発表ならびに表彰は平成29年1月14日(土)の同門会総会にて行われます。
奮ってご応募下さいます様よろしくお願い申し上げます。

 記

提出書類:平成28年に掲載された論文(別刷り3冊)

応募締切:平成28年12月9日(金)

応募先 :大阪医科大学整形外科学教室 教授秘書 宛

大阪医科大学整形外科学教室最優秀論文賞取扱基準

〇下記から詳細をご覧頂けます
↓↓↓
大阪医科大学整形外科教室最優秀論文賞取扱基準

 

第34回北摂手外科談話会プログラム

%e3%80%90%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%80%91%e7%ac%ac34%e5%9b%9e%e5%8c%97%e6%91%82%e6%89%8b%e5%a4%96%e7%a7%91%e8%ab%87%e8%a9%b1%e4%bc%9a-002_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_1

%e3%80%90%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%80%91%e7%ac%ac34%e5%9b%9e%e5%8c%97%e6%91%82%e6%89%8b%e5%a4%96%e7%a7%91%e8%ab%87%e8%a9%b1%e4%bc%9a-002_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_2

〇下記よりダウンロードして頂けます。
↓↓↓
第34回北摂手外科談話会プログラム(PDFデータ)

第72回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム

%e3%80%90%e6%a1%88%e5%86%85%e7%8a%b6%e3%80%91%e7%ac%ac7%ef%bc%92%e5%9b%9e%e5%a4%a7%e9%98%aa%e5%8c%bb%e7%a7%91%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e6%95%b4%e5%bd%a2%e5%a4%96%e7%a7%91%e9%96%a2%e9%80%a3%e7%97%85%e9%99%a2

  電車でお越しの方
   地下鉄堺筋線 北浜駅 (1B出口)
   京阪電鉄 北浜駅 (27・28出口)

%e5%9c%b0%e5%9b%b3

〇下記よりダウンロードできます。
 ↓↓↓
第72回大阪医科大学整形外科関連病院談話会プログラム(PDFデータ)

 

 

第4回骨折治療研修セミナーを開催しました

平成28年10月8日(土)に第4回骨折治療研修セミナーが御堂筋グランタワーの会場で行われました。
このセミナーは大阪医科大学整形外科教室とDePuySynthesの共催で、若手医師の技術向上を目的としていますが、整形外科に興味のある研修医や学生も参加することができます。今回は講師に兵庫県立西宮病院整形外科医長の北田真平先生をお招きして「骨折治療の基礎」と「転子部骨折の診断から治療方法」についてご講演いただきました。前半は骨折治癒の原理、骨接合術の基本原則について解説していただきました。後半の転子部骨折の講演では、レントゲン側面像や3DCTでの骨折型の詳細な術前評価と、不安定型に対する整復のテクニック、最新の髄内釘(DePuySynthes 社TFNA)の紹介まで、大変わかりやすく有意義な情報を聴かせていただきました

img_5708img_0710

  その後大腿骨のボーンモデルを使って、TFNAによる髄内固定の実習を行いました。参加した医学生や研修医は、初めて手にする整形外科器械にはじめは四苦八苦していましたが、無事に髄内釘固定を完遂させ喜んでいました。レジデントも連休明けの転子部骨折症例で使ってみたいと意気込んでいました。

img_0712

 セミナーの後は懇親会が開かれ、骨折治療や整形外科入局勧誘の熱いトークで盛り上がりました。
また、二次会は近くのイタリアンレストランに場所を移し、北田先生にも最後まで参加していただきました。救急医だけでなくアメフトのスポーツドクターとしてもご活躍中の先生に、外傷やスポーツ医療の話題に関しても熱く語っていただきました。北田先生、ご多忙の中夜おそくまでおつき合いいただき、本当にありがとうございました。

 次回も沢山の先生や学生に参加していただき、若手整形外科医の技術向上だけでなく、研修医や医学生に整形外科の面白さを伝える場になればと思います。
 多忙の中参加し、ご協力いただいた先生方に厚く御礼申し上げます。

                                 中野敦之