手の外科

ホーム > 手の外科

手・肘の外科班

スタッフ:横田淳司、大野克記

手外科は扱う疾患が多岐にわたりますが、おかげさまで関連病院をはじめとして多くのご紹介をいただいております。症例によっては装具療法でも治療しております。鏡視下手術(手根管、手関節鏡(TFCC損傷等)、CM関節、肘関節などに対する鏡視下手術)も積極的におこなっています。最近の主要な手術症例(手・肘)は以下の通りです。

腱損傷
 ●陳旧性屈筋腱損傷
末梢神経障害
 ●手根管症候群 ●肘部管症候群
骨折・靱帯損傷
 ●TFCC損傷 ●橈骨遠位端骨折変形治癒 ●内反肘 ●舟状骨偽関節 ●陳旧性モンテジア骨折   ●舟状月状骨離開(陳旧例) ●上腕骨外側上顆炎
関節変性疾患
 ●母指CM関節症 ●変形性PIP関節症 ●尺骨突き上げ症候群 ●上腕骨小頭離断性骨軟骨炎   ●Heberden結節
四肢先天異常
 ●先天性橈尺骨癒合症 ●母指多指症
炎症性疾患
 ●結核性腱鞘炎 ●関節リウマチ伸筋腱皮下断裂および尺側偏位
腫瘍及び類似疾患
 ●良性軟部腫瘍 ●悪性軟部腫瘍
拘縮
 ●PIP関節屈曲拘縮 ●Dupuytren拘縮
マイクロサージャリー
 ●遊離血管柄付き骨移植術●血管吻合術●神経縫合・神経移行・神経移植術●皮弁形成術

手写真1

手写真2 のコピー

手写真3 のコピー

手写真4 のコピー

手写真5

手写真6