専門班

ホーム > 専門班 > 脊椎外科

脊椎外科

脊椎班

大阪医科大学脊椎グループ

根尾昌志、馬場一郎、藤原憲太、中野敦之、中矢良治
藤城高志、福本晋吾、羽山祥生、宇佐美嘉正、木野圭一朗

環軸椎亜脱臼
環軸椎亜脱臼

Klippel-Feil症候群
Klippel-Feil症候群

アテトーゼ頚椎症
アテトーゼ頚椎症
脊椎班では髄内腫瘍を除く脊椎脊髄手術全般を取り扱っています。上記に示した一般的な脊椎疾患はもとより環軸椎脱臼などの上位頚椎手術や、ナビゲーションシステムを用いた難易度の高い頚椎、胸椎インストゥルメンテーション手術を数多く施行しています。


DISHを伴う脊椎症
DISHを伴う脊椎症

成人脊柱変形低侵襲手術(OLIF)
成人脊柱変形低侵襲手術(OLIF)
最近導入した側方侵入腰椎前方固定手技(OLIF)を用いて、変性すべり症だけでなく成人脊柱変形手術にも応用させ、より低侵襲で合併症の軽減を目指した矯正固定手術を行っています。


骨粗鬆症性椎体圧潰
骨粗鬆症性椎体圧潰
骨粗鬆性圧迫骨折偽関節による遅発性神経障害に対しては、比較的低侵襲な無除圧固定術を施行して良好な成績をおさめています。


化膿性椎間板炎

化膿性椎間板炎
化膿性椎間板炎には独自の経皮経椎弓根的洗浄術を行っています。


内視鏡下ヘルニア摘出術
内視鏡下ヘルニア摘出術
その他、全ての疾患に対して的確な診断をつけ、ナビゲーションシステム、マイクロサージェリー、運動誘発電位を用いた術中脊髄モニタリング、術中超音波検査、内視鏡手術(MEDなど)などを駆使することによって、安全で効果的な手術ができるよう心がけています。

一般的な手術
● 腰部脊柱管狭窄症(棘突起縦割式椎弓切除術)
● 頚椎症性脊髄症、頚椎後縦靭帯骨化症(椎弓形成術)
● 透析性脊椎症(透析室の連携完備)

低侵襲手術
● 化膿性脊椎炎(経皮経椎弓根的洗浄術)
● 腰椎椎間板ヘルニア(MED)

固定術
● 上位頚椎手術(環軸椎固定術、後頭頚椎固定術)
● 骨粗鬆性圧迫骨折偽関節後遅発性神経障害(無除圧短椎間固定術)
● 胸椎後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症(ナビ、マイクロ、MEPを使用)
● びまん性特発性骨増殖症(DISH)に関連した脊椎損傷、脊椎疾患
● 変性後側弯症(胸腰椎骨盤矯正固定術)
● 特発性側弯症

腫瘍
● 脊髄腫瘍(顕微鏡手術)
● 脊椎転移性腫瘍に対する手術
● ホルモン依存性癌(前立腺癌、乳癌)脊椎転移に対する手術や保存療法