スタッフの紹介

ホーム > スタッフの紹介 > 横田淳司 講師(准)

横田淳司 講師(准)

大阪医科大学(平成3年卒)
整形外科専門医
手外科、肩関節外科、関節リウマチ

論文

趣味
ドライブ カメラ
出身地
三重県
出身高校
愛知県 東海高校
学生時代のクラブ
バスケットボール部
経歴

平成3年  大阪医大整形外科教室 入局
平成9年  大阪厚生年金病院整形外科(関節鏡視下手術手技の研修)
平成12年 大阪医科大学大学院医学研究科博士課程 修了
平成13年 米国Johns Hopkins大学整形外科
平成15年 米国Pennsylvania大学整形外科
平成17年 済生会茨木病院整形外科 部長
平成18年 高槻赤十字病院整形外科
    大阪医大整形外科 非常勤講師
平成26年 大阪医大リハビリテーション科 非常勤講師
平成27年 市立奈良病院四肢外傷センター(マイクロサージェリー手技の研修)

学位・専門資格・所属学会

学位・専門資格
 医学博士
 日本整形外科学会専門医
 日本リウマチ学会専門医

所属学会
 Orthopaedic Research Society
 日本整形外科学会
 中部日本整形災外外科学会
 日本リウマチ学会
 日本手外科学会
 日本肩関節学会
 日本骨折治療学会
 日本リハビリテーション医学会
 日本臨床整形外科学会

役職

日本臨床整形外科学会 査読委員

研究テーマ

末梢神経損傷
腱損傷、糖尿病性腱障害

研修医へのコメント

私は大学院に入学して以来、約20年間にわたり整形外科基礎研究に携わってきました。研究を計画・遂行する中で養ってきた論理的な思考の積み重ねが、日常診療においても大変重要であることを日々痛感します。リサーチマインドを持った臨床医になるためには知識、手技の習得に加え、基礎研究を通じて論理的な思考回路を身に付ける事が大切で、かつ近道であると思います。

これまで有効な治療法がなかった疾患や外傷を治療できる可能性を持つ再生医療が近年、注目されていますが、21世紀の整形外科は、関節鏡やマイクロサージェリーの技術を生かした最小侵襲手術に、再生医療的アプローチを併用した治療法が主流となるのではないでしょうか?そういった最先端の治療法を考案・確立し広く臨床応用するためにも、基礎研究の裏付けが不可欠です。若い先生方とそんな夢を追いかけながら、忙しくも楽しい、臨床と基礎研究の二足のわらじを履き続けていきたいと願っております。