スタッフの紹介

ホーム > スタッフの紹介 > 安田稔人 准教授

安田稔人 准教授

大阪医科大学(昭和63年卒)
整形外科専門医、リウマチ専門医
足の外科、スポーツ整形外科

論文

趣味
スポーツ観戦、飲み会、バスケットボール
出身地
甲子園
出身高校
兵庫県立鳴尾高校
学生時代のクラブ
バスケットボール部
経歴

昭和63年 大阪医科大学卒業
平成9年 大阪医科大学大学院修了
平成14年 大阪医科大学整形外科助手 
平成17年 大阪医科大学整形外科学内講師
平成25年 大阪医科大学整形外科講師
平成27年 大阪医科大学整形外科准教授

学位・専門資格・所属学会

医学博士
日本整形外科学会整形外科専門医
認定スポーツ医
運動器リハビリテーション医
日本リウマチ学会専門医

所属国際学会
1) American Academy of Orthopaedic Surgeons (AAOS)
2) American Orthopaedic Foot and Ankle Society (AOFAS)

役職

1) 日本整形外科学会代議員
2) 日本足の外科学会評議員
3) 日本整形外科スポーツ医学会代議員
4) 日本靴医学会評議員
5) 中部日本整形外科災害外科学会評議員
6) 関西臨床スポーツ医•科学研究会幹事
7) 関西関節鏡•膝研究会幹事
8) 近畿足の外科症例検討会世話人
9) Editorial Board of the Journal of Orthopaedic Science

研究テーマ

アキレス腱断裂に関する基礎および臨床的研究
足関節内側・外側両側靭帯損傷の病態と治療
足関節インピンジメント症候群に対する鏡視下手術

研修医へのコメント

 近年、高齢者人口の増加により、元気に長生きすること、つまり、健康寿命を延ばすことが重要であり、今、整形外科医は求められています。

 現在はレクリエーションレベルのスポーツ愛好家が増加しており、さらに、2020年東京五輪が決まり、ハイレベルの競技スポーツ人口も増加するでしょう。あらゆるスポーツには傷害が伴いますが、スポーツ医として競技者をサポートしていくことの重要性も非常に増しています。

 私の専門領域は足ですが、スポーツ傷害の他、変形性足関節症や扁平足、外反母趾などの後天性変形やリウマチ足、麻痺足などの疾病に対しても専門的に研究を進めていくことも可能です。入局後は、先生たちをしっかりとサポートしていきますので、わからないことや、困った時には何でも相談してください。

 一度、見学に来てもらったら、大変雰囲気の良い医局だとわかってもらえると思います。是非一緒に大阪医科大学整形外科学教室で頑張りましょう。