スタッフの紹介

ホーム > スタッフの紹介 > 馬場一郎 講師

馬場一郎 講師

大阪医科大学(平成元年卒)
整形外科専門医
骨・軟部腫瘍、脊椎・脊髄外科

論文

趣味
音楽(Marcus Millerを崇拝 ”jack of all trades” ?)  旅行 ゴルフ
出身地
徳島県池田町
出身高校
香川県 大手前高校
学生時代のクラブ
卓球部
学位・専門資格・所属学会

大阪医科大学医学博士

日本整形外科学会 専門医
         リウマチ医
         脊椎脊髄病医
         スポーツ医
         運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会 指導医

【所属学会】
日本整形外科学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本創外固定学会

役職

中部整形災害外科学会(評議員)
関西骨軟部腫瘍研究会 (世話人)
大阪骨転移治療研究会 (世話人)

研究テーマ

骨軟部腫瘍 脊椎脊髄外科

研修医へのコメント

整形外科では機能回復を目的に治療を行う疾患や外傷がほとんどで、生命にかかわる疾患を対象にすることは多くはありません。

 しかし、生命はもちろん四肢の機能にも大きくかかわる骨肉腫や軟部肉腫に代表される悪性疾患や、最近では超高齢化に伴い癌の転移性骨腫瘍に対する治療を行う機会も非常に多くなってきています。

 癌の診断や治療も細分化され整形外科単独での治療は困難で、癌を治療する各診療科はもちろん放射線科、病理部、リハビリテーション科などとも協力して診断から治療まで行っています。研修医のみなさんも一緒に治療に参加してみませんか。

 まずは各種画像診断(X線、MRI、PET-CT、各種シンチグラムなど)とCTガイド下での針生検なども若い先生方に積極的に参加し実際に行ってもらっています。手術は患肢温存が基本とし、最近ではより高い患肢機能を目指した腫瘍切除、再建を行っています。対象は原発性良性、悪性骨軟部腫瘍はもちろん、四肢のみならず脊椎の転移性骨腫瘍に対してもゾレドロン酸やデノスマブを用いた保存的治療から放射線科と協力してIVR併用下の切除、再建を行い、より良いQOLを目標に積極的な治療を行っています。